ウエディングドレスを初めてレンタルする人必見!よくある疑問や解決方法をご紹介します

このサイトではウエディングドレスを初めてレンタルする方に向けた、わかりやすい疑問解決の指南をご紹介します。
どこでドレスを借り受けられるのか、必要なコストはどのくらいなのかと悩まれている方は多くいるものです。
人生で一度しか経験が出来ない結婚であるため、身に付ける装いは限りなく理想的なものをチョイスしたいものでしょう。
後悔をしないためにはしっかりと事前に、サービスの概要を把握しておくことが大切となります。

目次
  1. ウエディングドレスを初めてレンタルする人必見!よくある疑問や解決方法をご紹介します
    1. レンタルであれば有名ブランドのウエディングドレスでも気軽に着用できる
    2. ウエディングドレスのレンタルは何号までサイズが用意されている?
    3. ウエディングドレスはどこでレンタルするのがおすすめ?
    4. ウエディングドレスをレンタルする前に決めておきたい理想のイメージ
    5. ウエディングドレスのレンタルは幅広いサイズ展開が魅力
    6. ウエディングドレスのレンタル・購入の平均費用
    7. ウエディングドレスのレンタルは会場ごとの割引サービスも期待できる
    8. ウエディングドレスのレンタル費用を抑えるコツ
    9. ウエディングドレスのレンタルでは小物でオリジナリティを出すのがおすすめ
    10. ウエディングドレスのレンタルはクリーニングの手間がかからない
    11. 保管場所の確保も不要なウエディングドレスのレンタル
    12. レンタルしたウエディングドレスを汚した場合はクリーニング費用がかかる?
    13. ウエディングドレスのレンタルは追加料金に注意が必要
    14. ウエディングドレスのレンタルプランは小物も含まれる?
    15. ウエディングドレスのレンタルをネット申し込みするときのポイント
    16. ウエディングドレスのレンタルは新作がおすすめ
    17. ウエディングドレスをレンタルして出張撮影することができます
    18. ウエディングドレスのレンタルは郵送で受け渡しできると便利
    19. 即日対応!ウエディングドレスのレンタルに役立つ情報

ウエディングドレスを初めてレンタルする人必見!よくある疑問や解決方法をご紹介します

ウエディングドレスのレンタルは基本、利用するブライダルサロン内で借り受けることが可能です。
ウエディングドレスをレンタルすることで各種サービスに対しても割引が適用されるのが一般的です。
ウエディングドレスレンタルで疑問に思われる方が多い事柄が、もし借り受けているときにドレスを汚したらどうしたらいいのか、という事です。
基本的には汚れが付着したままでも問題はありません。
費用にはクリーニング代も加算されています。

レンタルであれば有名ブランドのウエディングドレスでも気軽に着用できる

一生に一度の晴の舞台では有名ブランドのウエディングドレスを身につけてみたいものですが、購入するとなると費用面では大きな負担となってしまうだけではなく、保管やメンテナンスも大変です。
そこでおすすめなのがレンタルで借りる方法で、購入するよりも遥かにリーズナブルな料金で身につけることができます。
レンタルにすれば選択肢は一気に広がり、普段ではなかなか手の出ないような有名ブランドのウエディングドレスを選び放題になります。
何度でも試着をすることが可能で、お気に入りの1着を見つけることが可能です。
付随する小物も用意されており、コーディネートすればより華やかになるのも嬉しいところです。
素敵なウエディングドレスに身を包めば1ランク上の気分になり、各種の式典を彩り一生の思い出になります。
式が終わればお手入れをする必要も無く、返却をすればスタッフの方でクリーニングを依頼して綺麗にしてくれます。
祝賀ムード共にウエディングドレスを選び、結婚式を大成功させたカップルが増えています。

ウエディングドレスのレンタルは何号までサイズが用意されている?

結婚式に花嫁さんが着用するウエディングドレスは、レンタルすることで購入するよりもコストを抑えておしゃれなデザインのドレスを選ぶことができるメリットがあります。
ウエディングドレスの特徴の一つに、体にぴったりとフィットするデザインが主流となっており花嫁さんをより美しく見せるためにも自分のサイズに適したものを選ぶことが必要になります。
ウエディングドレスの貸し出しでは、主に最小サイズとして3号から大きめの29号まで用意していることが多く、さらに小さいものや大きいものを探したいという場合には、専用のものを取り扱いしているサービスを選ぶことをおすすめします。
ただ一般的に多くの人が利用している平均は9号といわれており、需要の高い9号前後は用意されているドレスのデザインの幅も広く、自分の好みににあうものを選べる選択肢の広さが大きな魅力です。
反面利用者が少なくなってしまう小さめ・大きめのものになると用意されているデザインが限られてしまうので、レンタルサービスを選ぶ時には希望するドレスのデザインで自分にぴったりのものがあるかを確認するようにしましょう。

ウエディングドレスはどこでレンタルするのがおすすめ?

昨今では立派な挙式を実施する方が多くなっており、女性の長年の夢ともいわれている結婚式でウエディングドレスを着る機会も多いものです。
以前は購入するのが基本スタイルでしたが、最近はコスト削減のためのレンタルをする方が多い傾向となりました。
ではウエディングドレスはどこで借りるのがおすすめなのか、というと貸衣装店よりもブライダルサロンがいいです。
まず理由として述べられるのは、豊富な種類のウエディングドレスを常にストックをしているからです。
そして流行りのスタイルにも左右をされやすいアイテムであり、サロンなら今現在の人気デザインをしっかりと取り揃えているのが魅力です。
ウエディングドレスの場合、体型から年齢を考慮したものを身に付けないといけません。
レンタルならもっとも自分に似合っている品を担当者が選んでいるので、おすすめの品を借り受けることが可能です。
コストも大幅に安くなり、式場利用でさらに割り引かれます。

ウエディングドレスをレンタルする前に決めておきたい理想のイメージ

結婚をするということは、女性にとってはウエディングドレスを着られる日となります。
どなたでも子供の頃から夢に見られていたでしょうが、その晴れ舞台となる日です。
いろんなウエディングドレスを目の前にすると、全部着たいと思うのは無理も有りません。
そのなかから一着だけを決めるのは難しいので、レンタルをする前にまずはイメージを抱かないといけないわけです。
簡単に理想のイメージを浮かべるコツをご紹介すると、ご自身のスタイルと年齢を考慮することが大切。
すこしふくよかな体型なら、腕や肩を出さずに隠すウエディングドレスがおすすめです。
40歳以上だとノースリーブは不格好となるため、アームカバーを使用することも考えます。
あくまでも現実を重視して良いウエディングドレスを選べば、素敵な挙式へとステップを進めることが可能です。
レンタル時は自分だけで品物を選ぶのではなく、担当者や家族と一緒にドレスを選んで客観的な参考を得る事です。

ウエディングドレスのレンタルは幅広いサイズ展開が魅力

日本はもちろんのこと、世界各国でも結婚式はおおくのかたが執り行っている儀式です。女性にとって人生でもっとも嬉しい瞬間であり、とくの若い世代だとウエディングドレスを身に付けることを夢に見ている方は少なくありません。そこでここでは、あるサービスを活用するメリットをご紹介します。それはレンタルであり、購入するよりもウエディングドレスの魅力を余すことなく体験をすることが可能。まずウエディングドレスは買うと一着50万円以上もする高級なドレスです。コストをおさえるとあまり良いデザインに仕上がることがなく、手に入れても満足感を満たすことができません。その点、レンタルなら約10万円以下で借りてもとても良い品を手にすることができます。幅広いサイズで構成をされており、とっておきの品で挙式に挑めるわけです。いろんなサービス会社があり、それぞれ異なった魅力いあふれた品を見つけ出すこともできるので、利用し甲斐があります。

ウエディングドレスのレンタル・購入の平均費用

ウエディングドレスを選ぶにあたり、事前にレンタルと購入の平均費用について把握しておくことが非常に大切です。ウエディングドレスをレンタルする際の費用の相場としては、30万円未満で手配した人が約8割ほどとなっています。とはいえピンからきりまでの状態であり、5万円未満の価格で借りている人がいるのも事実です。何に費用の差が出てくるのかと言うと、素材とデザイン、ブランドと言えるでしょう。特にインポートブランド、国内ブランドとなると、高級素材がふんだんに使われているので高額になりがちです。 その一方でウエディングドレスを購入する際の費用の相場としては、こちらも30万円未満で購入する人が約7割ほどを占めています。素材やブランドだけではなく、購入方法にも差が出る理由があります。フルオーダーとセミオーダー、中古の3つの方法がありますが、その中でも特に中古は、手元に残しておきたいけれども費用はできるだけ抑えたいと言う人には非常にお勧めです。

ウエディングドレスのレンタルは会場ごとの割引サービスも期待できる

ウエディングドレスというと、多くの女性にとって一生で一度は袖を通したい服です。綺麗な純白のドレスはまさに、この世の幸せを体現しているといっても過言ではありません。以前は購入して親が娘にプレゼントをするものでしたが、現在では借りるのが基本です。まずウエディングドレスの場合、貸衣装店とブライダルサロンの二か所で手にすることが可能になります。ウエディングドレスのレンタルサービスは式場でするのが多く、各種割引サービスにも期待ができるのが良い点です。簡単に一例を述べると、挙式・披露宴の実施料金が20パーセントオフになるというのが目立ちます。またはウエディングドレスのグレードを、無償でアップされるケースもあり、お得に活用ができるわけです。レンタルだと通常は綺麗にクリーニングをしてから返却をしなくてはけません。もし式場も利用するのであれば、このクリーニングも不要となるのでなお一層効率よく借りうけられます。

ウエディングドレスのレンタル費用を抑えるコツ

ウエディングドレスのレンタル費用を節約する大事なポイントがブランド選びです。ウェディングドレスは有名なデザイナーが手掛けた一流ブランドから、不特定多数の人を対象にした物まで幅広くあります。 デザイナーが手掛けた物は素材にこだわるなど、制作にコストがかかっている分、レンタル費用も高くなりがちです。ノーブランドのドレスを選択した方が、出費は抑えられます。ウエディングドレスを着用する時の小物を、お店によって使い分ける人も少なくありません。一見すると費用の節約のようにも感じられますが、単体で選んだ場合にはセット割などが適用されなくなります。1つのお店で全てまとめれば割引の適用でトータルのコストは安くなります。そのほかの費用節約のコツはクーポンの利用です。お店によっては新規の利用者を増やすために定期的にキャンペーンやクーポンを配布する所もあります。ホームページなどで細かく情報をチェックして、ジャストタイミングで契約することが大切です。

ウエディングドレスのレンタルでは小物でオリジナリティを出すのがおすすめ

必ず自分の結婚式ではウエディングドレスを着るのだと、幼いころから固く心に誓っている女性も多いです。ドレスは純白で、清純で可憐であり絢爛豪華で見るものを圧倒する美しさです。ウエディングドレスを選んでいるときに最も幸せを実感する人もすくなくありません。ドレス選びでは購入するのかレンタルにするのか迷う人も多いです。しかしレンタルを頼ってみることをお勧めします。それは膨大な品ぞろえと、サイズ展開も豊富であるためです。5号サイズからビッグサイズまであって、どのような体形の女性も必ずお気に入りの一枚が見つかるのです。ドレスは純白で画一的に成りがちですが小物類で個性やオリジナリティを出すのもおすすめです。インド女性のように額にスワロフスキーのネックレスを付け、絢爛豪華にしてみたり大きなリボンがついたヴェールで、キュートさを演出するドレス姿にするのも良いでしょう。マリア様を思わせるような豪華なレースで出来たヴェールを選択するのも素敵です。

ウエディングドレスのレンタルはクリーニングの手間がかからない

ウエディングドレスを所有していた場合、自由自在に取り扱える一方で大変なのが日頃からのお手入れです。
繊細なデザインでデリケートな生地を使用しているケースも多く、一般家庭の洗濯機で洗うのは難しく、繊維を傷めたり型崩れをしてなかなか元に戻せないこともあります。
そんな時はクリーニングの専門店に依頼する方法がありますが、費用も過大なものになってしまいがちです。
そこでおすすめなのがレンタルを利用する方法で、メンテナンスは全て業者の方で行ってくれるのでクリーニングの手間がかかることはありません。
一定の温度と湿度を保った専門のクリーンルームにウエディングドレスが保管されているので、いつ借りてもベストコンディションになっているのも安心です。
レンタルならば購入費や維持費を大幅に削減することが可能なだけではなく、ハイブランドの製品も選ぶことが可能です。
一生に一度の結婚式だからこそ、素敵なウエディングドレスで迎えたいところです。

保管場所の確保も不要なウエディングドレスのレンタル

憧れのウエディングドレスを選ぶ際には、どんなデザインが良いだろうか、自分に似合うかどうか、試着して気に入るか、など色々悩みながらも、そのひとつひとつが楽しい時間だと思います。
ところで、そのドレスは購入しますか。
それともレンタルしますか。
憧れのドレスであるなら、一生記念にとっておけるよう購入しようと思われる方もいらっしゃると思います。
ここで少し冷静に考えてみてください。
新しい生活が始まり、やがて家族が増えていくことでしょう。
すると、次第に多くの物に囲まれて暮らさなければならなくなります。
そんな中、汚しては台無しなドレスを収納し保管していかなければならないのは、気が重くなりそうではありませんか。
意識して生活しない限り、物はどんどん暮らしの中で増えていきます。
大切な思い出を形に残すことで気持ちを豊かにさせてくれるかもしれません。
ですが、ウエディングドレスをレンタルすれば保管場所の確保に悩むことはないのです。

レンタルしたウエディングドレスを汚した場合はクリーニング費用がかかる?

折角レンタルした美しいウエディングドレスが何かしらの理由で汚れた場合、別途でクリーニング代を支払わなければならないのかと疑問に思っている方は多いかもしれません。
しかし、結論から言うとそう言った心配は全くないので安心してください。
通常のクリーニングで簡単に落ちてしまうようなちょっとした汚れであればレンタル分の費用だけで十分ですし、それ以上の金額を請求されるようなことは滅多にないからです。
ただし、ウエディングドレス全体が使用できないくらい汚れてしまった場合には賠償を命じられる可能性もあるため、借りたものだからといっていい加減に扱うようなことだけはしないようにしましょう。
それと、もしもドレスを破いてしまったりした場合には、そのまま何も言わずに返却するのではなくて説明を交えた文章を一緒に送り返しておくことをおすすめします。
ほとんどのショップではクリーニング代とメンテナンス代を込みで請求しているため、基本的にはそれ以外の料金は発生しないと覚えておけば大丈夫です。

ウエディングドレスのレンタルは追加料金に注意が必要

結婚式は人生で一度しか経験ができないため、大半の方は清水の舞台から飛び降りた気分で奮発をして実行をされます。
新婦に対しては豪華絢爛なウエディングドレスを用意するのも常であり、普段は買えないようなゴージャスなものを見ていることでしょう。
ブライダルサロンでは色んなウエディングドレスを用意しており、どれでも好きなものを借り受けることが可能です。
しかし注意をしないといけないのは、レンタルに追加料金が発生する可能性もあるからです。
基本料金とは最もお安いウエディングドレスの事を指して折り、今現在の流行スタイルや真珠などの宝石をあしらったものなら、約30パーセントはレンタル料に上乗せをされることも珍しくありません。
まずウエディングドレスを借りるときは、必ずスタッフと話をして追加の有無を訪ねないといけません。
そのなかでご自身で支払える料金であることを把握してから、正式に契約を結ぶことが重要となるわけです。

ウエディングドレスのレンタルプランは小物も含まれる?

人生の晴の舞台である結婚式では、素敵なウエディングドレスを身につけて大切な思い出にしたいところですが、費用面も考慮して購入するよりもレンタルで借りて済ませたいというカップルが増えています。
ウエディングドレスではメインのドレスに加えて、ベールや手袋、ポーチなどの小物も必要で、トータルコーディネートされた素敵なデザインで結婚式を彩ってくれます。
それらの小物がレンタルでは、どのような取り扱いになるのか気になるところです。
形式は業者によって異なり、ウエディングドレスをはじめとする全てのアイテムがセットになっているケースや、オプションで追加できるケースがあります。
式の当日になって足りないものがあっては大変なので、あらかじめどのようなプランなのかを把握し、業者としっかり打ち合わせをして必要なものは全て揃えておくのがおすすめです。
結婚式の満足度はウエディングドレス次第と言っても過言ではなく、しっかりとした準備をしておきたいところです。

ウエディングドレスのレンタルをネット申し込みするときのポイント

結婚式や結婚写真の前撮りで着用するウエディングドレスを、レンタルショップで借りようと思っている人もいるのではないでしょうか。最近では実店舗のウエディングドレスレンタルだけでなく、通販タイプのネットショップも増えているので便利です。そのような通販タイプの店でネット申し込みをするときには、借りるウエディングドレスの状態をよく確認することをおすすめします。ネットで申し込みが出来るのは便利ですが、実物を見たり手に取ったりせずに借りることになるので届いてから思っていたのと違ったということにならないように、品質に関しても情報を収集して選ぶと安心です。ショップの口コミを参考にするほか、気になる点は問い合わせておくようにすると良いです。それからウエディングドレスを借りられる期間や、配送料もチェックポイントになります。配送の場合の貸し出し日数がどのようにカウントされるのか、決まりを理解した上で注文するようにします。

ウエディングドレスのレンタルは新作がおすすめ

結婚式というのは一生に一度のことですので、後悔がないように十分な時間をかけて納得がゆくまで準備したいものです。結婚式の中でも大切な点としては、花嫁さんが着るウエディングドレスですが多くの方にとってウエディングドレスを着るのは小さいころからの夢だったようです。では、ウエディングドレスは購入するほうがいいのでしょうか?それとも、レンタルがいいのでしょうか?どちらにもメリットがありますが、購入するよりもお得でお手軽なのはやはりレンタルです。その中でも新作はとくにおすすめです。理由としては、デザインがとてもお洒落ですしほかの新婦と被ることがないからです。しかし、人気のデザインとなるとやはりかなり人気になってしまって競争率が高くなってしまいますし、価格も高いのが現実です。それで、気に入ったウェディングドレスが見つかったなら、できるだけ早めに予約をしておくことは大切です。特にブライダルシーズンはやめの予約がおすすめです。

ウエディングドレスをレンタルして出張撮影することができます

結婚をする際に、以前は式場を貸し切って盛大に行うことが多かったのですが、最近では他にお金をかけたいと考えるカップルが増えています。ハネムーンにこだわったり、新居を構えるためにお金を使いたいという考え方から、結婚式を挙げないことを選択するからです。それでも結婚というのは特別なイベントですから、式を挙げなくて形に残したいという要望からフォトウエディングをすることが多いです。フォトウエディングは、新郎新婦がウエディングドレスやタキシードを着用して撮影するものです。ウェディングドレスを購入せずにレンタルをして、その写真撮影を記念にするという方法は無駄のない今どきの結婚だと言えるでしょう。ウエディングドレスは沢山の中から選ぶことができますし、室内撮影だけでなく出張撮影も可能です。結婚前に二人で一緒に歩いた思い出深い場所があれば、そこに出張して撮影してもらうこともできるので、思い出に残る写真が作れます。

ウエディングドレスのレンタルは郵送で受け渡しできると便利

結婚式に着るウエディングドレスは、レンタルショップで借りようと思っている人もいるのではないでしょうか。豊富な種類がある中から好みの衣装を選んで利用することができる、ウエディングドレスのレンタル店にも様々なところがあり、ネット注文できるショップの中には借りる衣装を、郵送で届けてもらえるようになっているところもあります。このようなサービスでは、返却の際にも同じように郵送でウエディングドレスを返すことができるのが一般的です。街なかにある実店舗を訪れなくても借りたり返したりすることができる店は、結婚式準備と仕事で毎日忙しい人にとって便利です。また自宅や会社の近くなど、普段の生活エリアの近くに良い貸衣装店がない場合にも役立ちます。ただしこのような配送サービスは全てのドレスショップで対応しているわけではありません。それからウエディングドレスを届ける際に送料がかからないお店もあれば、送料が発生するお店もあるので利用する前には確認をしておくのがおすすめです。

即日対応!ウエディングドレスのレンタルに役立つ情報

結婚式は一生に一度の特別な日です。 しかし忙しい日々の中でウエディングドレスを選ぶ時間がない、急遽ドレスが必要になったなどの状況もあります。 そんな時に即日対応可能なレンタルサービスが役立ちます。 様々なスタイルやデザインのドレスが揃っており、急なニーズにも柔軟に対応してくれます。また、アクセサリーやベールといった小物も一緒にレンタルすることができるのでトータルコーディネートも可能です。 重要なのは、事前にオンラインで情報を収集して自分の希望に合ったショップやドレスを見つけること。 ウェブサイトを利用することで、ドレスや価格帯を比較することができて時間と労力を節約できます。さらに口コミやレビューをチェックすることで、サービスの質や満足度を事前に把握できるのも便利ですよね。 さらに専門のスタッフがサイズ合わせやスタイリングのアドバイスをしてくれる場合もありますので、プロの意見を参考に最適なドレスを選ぶことができるのも安心です。 一方で忘れてはならないのがキャンセルポリシー。急な変更やキャンセルが発生した場合の対応や追加料金が発生する可能性もありますので、事前に確認しておくことが大切です。 結婚式の準備は多忙を極めますが、こうした便利なサービスを上手く活用すれば、時間と労力を節約しながら理想のウエディングドレスを見つけることができます。

ウエディングドレスに関する情報サイト
ウエディングドレスのレンタルの疑問を解決!

このサイトではウエディングドレスを初めてレンタルする方に向けた、わかりやすい疑問解決の指南をご紹介します。どこでドレスを借り受けられるのか、必要なコストはどのくらいなのかと悩まれている方は多くいるものです。人生で一度しか経験が出来ない結婚であるため、身に付ける装いは限りなく理想的なものをチョイスしたいものでしょう。後悔をしないためにはしっかりと事前に、サービスの概要を把握しておくことが大切となります。

Search

更新情報